古典

『小野篁広才のこと』「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」品詞分解&現代語訳まとめ!

『小野篁広才のこと』「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」の品詞分解と現代語訳を知りたい!

『小野篁広才のこと』「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」の意味が分からない

「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」とは、

「だからこそ、申し上げることはできませんと申し上げたのでございます。」

という意味です。

次に、どうしてこういう現代語訳になるのか、単語ごとに詳しく見ていきましょう。

「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」の品詞!

「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」の文章を品詞ごとに分けると、次のようになります。

されば/こそ/申し/候は/じ/と/は/申し/て/候ひ/つれ

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

用語 品詞と活用形
されば 接続詞
こそ 強調・係助詞 係り結び
申し サ行四段活用・動詞「申す」連用形 「言ふ」の謙譲語
候は ハ行四段活用・補助動詞「候ふ(さぶらふ)」未然形 丁寧語
打消し・助動詞「じ」終止形
格助詞
係助詞
申し サ行四段活用・動詞「申す」連用形
接続助詞
候ひ ハ行四段活用・補助動詞「候ふ(さぶらふ)」連用形 丁寧語
つれ 完了・助動詞「じ」終止形 係り結び

なので、

されば/こそ/申し/候は/じ/と/は/申し/て/候ひ/つれ
(だから/こそ(係助詞)/申し/あげることは/しない/と/は(係助詞)/申し/たので/ござい/ます)

※「つれ」は文の内容を強調している係り結び。

となり、「だからこそ、申し上げることはできませんと申し上げたのでございます。」という意味になります。

以上、『小野篁広才のこと』「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」品詞分解&現代語訳まとめでした!

© 2021 はなまる