古典

「やみにけりとなむ」の現代語訳&品詞を解説!

「やみにけりとなむ」の現代語訳!

「やみにけりとなむ」の意味が分からない

「やみにけりとなむ」とは、

「終わってしまったということだ」

という意味です。

次に、どうしてこういう現代語訳になるのか、単語ごとに詳しく見ていきましょう。

「やみにけりとなむ」の品詞!

「やみにけりとなむ」の文章を品詞ごとに分けると、次のようになります。

やみ/に/けり/と/なむ

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

用語 品詞と活用形
やみ マ行四段活用・動詞「止む(やむ)」連用形
完了・助動詞「ぬ」連用形
けり 過去・助動詞「けり」終止形
引用・格助詞
なむ 強意・係助詞 係り結びの省略(「なむ」の後に「いふ」「いひける」が省略されている)

結びの省略とは?

文が係助詞で終わり、文末にあるはずの結びの語が省略されることです。省略がある場合は、文脈から内容を読みとって自分で補います。この文の場合は、文脈から「いふ」か「いひける」になります。

なので、

やみ/に/けり/と/なむ
(終わっ/て/しまった/と/いうことだ)

「なむ」は強意を表すため語の意味はなし。

となり、「終わってしまったということだ」という意味になります。

以上、「やみにけりとなむ」の意味と品詞分解でした!

© 2021 はなまる