古典

「我に衣得させむとて出でたる人なめり」現代語訳(口語訳)&品詞を解説!

「我に衣得させむとて出でたる人なめり」の現代語訳!

「我に衣得させむとて出でたる人なめり」の意味が分からない

『袴垂、保昌に会ふこと』にある、「我に衣得させむとて出でたる人なめり」とは、

「自分に着物を得させようと現れた人のようだ」

という意味です。

次に、どうしてこういう現代語訳になるのか、単語ごとに詳しく見ていきましょう。

「我に衣得させむとて出でたる人なめり」の品詞!

「我に衣得させむとて出でたる人なめり」の文章を品詞ごとに分けると、次のようになります。

我/に/衣/得/させ/む/とて/出で/たる/人/な/めり

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

用語 品詞と活用形
代名詞
格助詞
名詞
ア行下二段活用・動詞「得(う)」未然形
させ 使役・助動詞「さす」未然形
意志・助動詞「む」終止形
とて 格助詞
出で ダ行下二段活用・動詞「出づ(いづ)」連用形
たる 完了・助動詞「たり」連体形
名詞
断定・助動詞「なり」連体形 撥音便の無表記
めり 推定・助動詞「めり」終止形

撥音便の無表記とは?

撥音便の無表記とは、撥音便の「ん」が無表記になることをいいます。

本来「な/めり」は「なる/めり」ですが、撥音便のため「なん/めり」になります。

さらに「めり」がついていることによって、「ん」が無表記になり「な/めり」(撥音便の無表記)という形になります。

しかし、読むときは「なんめり」と「ん」を入れて発音します。

なので、

我/に/衣/得/させ/む/とて/出で/たる/人/な/めり
(自分/に/着物を/得/させ/よう/と/現れ/た/人/の/ようだ)

となり、「自分に着物を得させようとして出てきた人であるようだ」という意味になります。

以上、「我に衣得させむとて出でたる人なめり」の意味と品詞分解でした!

© 2021 はなまる