枕草子

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」の品詞分解と現代語訳を知りたい!

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」の品詞分解と現代語訳が分からない

ここでは、そんな人の悩みを解決します!

「宮に初めて参りたるころ」は長いので三部に分けます。

第一部「宮に初めて〜」(1ページ目)

第二部「暁には〜」(2ページ目)

第三部「昼つかた〜」(3ページ目)

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」(第一部)の用言と助動詞の品詞と活用形!

「宮に初めて参りたるころ」の用言と助動詞は、以下の赤字部分です。

【本文】

第一部

宮に初めて参り1/たる2ころ、もののはづかしき3ことの数知ら4/5、涙も落ち6/7/べけれ8ば、夜々参り9て、三尺の御几帳のうしろに候ふ10に、絵など取り出で11見せ12/させ13/給ふ14を、手にてもえさし出づ15/まじう16わりなし17。「これは、とあり18かかり19。それが、かれが。」などのたまはす20。高坏に参らせ21/たる22大殿油なれ23ば、髪の筋なども、なかなか昼よりも顕証に24/見え25まばゆけれ26ど、念じ2728など29。いと冷たき30ころなれ31ば、さし出で32/させ33/給へ34/35御手のはつかに36/見ゆる37が、いみじう38/にほひ39/たる40薄紅梅なる41は、限りなく42/めでたし43と、見知ら44/45里人心地には、かかる46人こそは世におはしまし47/けれ48と、おどろか49/るる50までぞ、まもり51/参らする52

以下の表に、用言と助動詞の品詞と活用形をまとめています。

用言と助動詞 品詞と活用形
1.参り ラ行四段活用・動詞「まゐる」連用形
2.たる 完了・助動詞「たり」連体形
3.はづかしき シク活用・形容詞「はずかし」連体形
4.知ら ラ行四段活用・動詞「しる」未然形
5.ず 打消・助動詞「ず」連用形
6.落ち タ行上二段活用・動詞「おつ」連用形
7.ぬ 強意・助動詞「ぬ」終止形
8.べけれ 推量・助動詞「べし」の已然形
9.参り ラ行四段活用・動詞「まゐる」連用形
10.候ふ ハ行四段活用・動詞「さぶらふ」連体形
11.取り出で ダ行下二段活用・動詞「とりいづ」連用形
12.見せ サ行下二段活用・動詞「みす」未然形
13.させ 尊敬・助動詞「さす」連用形
14.給ふ ハ行四段活用・動詞「たまふ」連体形
15.さし出づ ダ行下二段活用・動詞「さしいづ」終止形
16.まじう 打消推量・助動詞「まじ」連用形「まじく」のウ音便
17.わりなし ク活用・形容詞「わりなし」終止形
18.あり ラ行変格活用・動詞「あり」終止形
19.かかり ラ行変格活用・動詞「かかり」終止形
20.のたまはす サ行下二段活用・動詞「のたまはす」終止形
21.参らせ サ行下二段活用・動詞「まゐらす」連用形
22.たる 存続・助動詞「たり」連体形
23.なれ 断定・助動詞「なり」已然形
24.顕証に ナリ活用・形容動詞「けそうなり」連用形
25.見え ヤ行下二段活用・動詞「みゆ」連用形
26.まばゆけれ ク活用・形容詞「まばゆし」已然形
27.念じ サ行変格活用・動詞「ねんず」連用形
28.見 マ行上一段活用・動詞「みる」連用形
29.す サ行変格活用・動詞「す」終止形
30.冷たき ク活用・形容詞「つめたし」連体形
31.なれ 断定・助動詞「なり」已然形
32.さし出で ダ行下二段活用・動詞「さしいづ」未然形
33.させ 尊敬・助動詞「さす」連用形
34.給へ ハ行四段活用・動詞「たまふ」已然形
35.る 存続・助動詞「り」連体形
36.はつかに ナリ活用・形容動詞「はつかなり」連用形
37.見ゆる ヤ行下二段活用・動詞「みゆ」連体形
38.いみじう シク活用・形容詞「いみじ」連用形「いみじく」ウ音便
39.にほひ ハ行四段活用・動詞「にほふ」連用形
40.たる 存続・助動詞「たり」連体形
41.なる 断定・助動詞「なり」連体形
42.限りなく ク活用・形容詞「かぎりなし」連用形
43.めでたし ク活用・形容詞「めでたし」終止形
44.見知ら ラ行四段活用・動詞「みしる」未然形
45.ぬ 打消・助動詞「ず」連体形
46.かかる ラ行変格活用・動詞「かかり」連体形
47.おはしまし サ行四段活用・動詞「おはします」連用形
48.けれ 詠嘆・助動詞「けり」已然形 係り結び
49.おどろか カ行四段活用・動詞「おどろく」未然形
50.るる 自発・助動詞「る」連体形
51.まもり ラ行四段活用・動詞「まもる」連用形
52.参らする サ行下二段活用・動詞「まゐらす」連体形

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」(第一部)の現代語訳!

中宮様の御所に初めて参上したころは、
(宮に初めて参りたるころ、)

何かと恥ずかしいことが数多くあり、涙も落ちそうなので、
(もののはづかしきことの数知らず、涙も落ちぬべければ、)

(顔の見える昼間ではなく)夜ごとに参上して、三尺の御几帳の後ろにお控え申し上げていると、(中宮様は)絵などを取り出して見せてくださるが、
(夜々参りて、三尺の御几帳のうしろに候ふに、絵など取り出でて見せさせ給ふを、)

手を差し出すことさえもできないくらい、どうしようもない。
(手にてもえさし出づまじう、わりなし。)

「この絵は、ああです、こうです。それが、あれが。」などと中宮様はおっしゃる。
(「これは、とあり、かかり。それが、かれが。」などのたまはす。)

高坏にお灯ししてある大殿油(=灯火)なので、
(高坏に参らせたる大殿油なれば、)

髪の毛の筋なども、かえって昼間よりもはっきり見えて恥ずかしいけれど、我慢して見たりする。
(髪の筋なども、なかなか昼よりも顕証に見えてまばゆけれど、念じて見などす。)

とても冷える時期なので、(中宮様の)差し出していらっしゃるお手がわずかに見えるのが、
(いと冷たきころなれば、さし出でさせ給へる御手のはつかに見ゆるが、)

たいそうつややかな薄紅梅色であるのは、この上なくすばらしいと、
(いみじうにほひたる薄紅梅なるは、限りなくめでたしと、)

(宮中のことを)知らない(私のような)里人の気持ちには、このような方もこの世にはいらっしゃるのだなあと、
(見知らぬ里人心地には、かかる人こそは世におはしましけれと、)

はっと気づかずにはいられないほど、お見つめ申し上げる。
(おどろかるるまでぞ、まもり参らする。)

 

次のページに第二部「暁には〜」の用言と助動詞の品詞・活用形&現代語訳をまとめています。

次のページへ >

© 2021 はなまる