古典

『伊勢物語』「月やあらぬ」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

『伊勢物語』「月やあらぬ」の品詞分解と現代語訳を知りたい!

『伊勢物語』「月やあらぬ」の品詞分解と現代語訳が分からない

ここでは、そんな人の悩みを解決します!

『伊勢物語』「月やあらぬ」の用言と助動詞の品詞と活用形!

「月やあらぬ」の用言と助動詞は、以下の赤字部分です。

【本文】

昔、東の五条に、大后の宮おはしまし1/ける2、西の対に住む3あり4/けり5。それを、本意に6あら7で、心ざし深かり8/ける9人、行き10/とぶらひ11/ける12を、正月の十日ばかりのほどに、ほかに隠れ13/14/けり15。ありどころは聞け16ど、人の行き通ふ17/べき1819あら20/ざり21/けれ22ば、なほ憂し23思ひ24つつなむあり25/ける26。またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひ27行き28て、立ち29303132見れ33ど、去年に似る34/べく35あら36/37うち泣き38て、あばらなる39板敷に、月の傾く40まで伏せ41/42て、去年を思ひ出で43詠め44/45。月やあら46/47春や昔の春なら48/49わが身ひとつはもとの身50してと詠み51て、夜のほのぼのと明くる52に、泣く泣く帰り53/54/けり55

以下の表に、用言と助動詞の品詞と活用形をまとめています。

用語 品詞と活用形
1.おはしまし サ行四段活用・動詞「おはします」連用形
2.ける 過去・助動詞「けり」連体形
3.住む マ行四段活用・動詞「住む」連体形
4.あり ラ行変格活用・動詞「あり」連用形
5.けり 過去・助動詞「けり」終止形
6.本意に シク活用・形容動詞「本意なり」連用形
7.あら ラ行変格活用・動詞「あり」未然形
8.深かり ク活用・形容詞「深し」連用形
9.ける 過去・助動詞「けり」連体形
10.行き カ行四段活用・動詞「行く」連用形
11.とぶらひ ハ行四段活用・動詞「とぶらふ」連用形
12ける 過去・助動詞「けり」連体形
13.隠れ ラ行下二段活用・動詞「隠る」連用形
14.に 完了・助動詞「ぬ」連用形
15.けり 過去・助動詞「けり」終止形
16.聞け カ行四段活用・動詞「聞く」已然形
17.行き通ふ ハ行四段活用・動詞「行き通ふ」終止形
18.べき 可能・助動詞「べし」連体形
19.に 断定・助動詞「なり」連用形
20.あら ラ行変格活用・動詞「あり」未然形
21ざり 打消・助動詞「ず」連用形
22.けれ 過去・助動詞「けり」已然形
23.憂し ク活用・形容詞「憂し」終止形
24.思ひ ハ行四段活用・動詞「思ふ」連用形
25.あり ラ行変格活用・動詞「あり」連用形
26.ける 過去・助動詞「けり」連体形
27.恋ひ ハ行上二段活用・動詞「恋ふ」連用形
28.行き カ行四段活用・動詞「行く」連用形
29.立ち タ行四段活用・動詞「立つ」連用形
30.見 マ行上一段活用・動詞「見る」連用形
31.ゐ ワ行上一段活用・動詞「ゐる」連用形
32.見 マ行上一段活用・動詞「見る」連用形
33.見れ マ行上一段活用・動詞「見る」已然形
34.似る ナ行上一段活用・動詞「似る」終止形
35.べく 当然・助動詞「べし」連用形
36.あら ラ行変格活用・動詞「あり」未然形
37.ず 打消・助動詞「ず」終止形
38.うち泣き カ行四段活用・動詞「うち泣く」連用形
39.あばらなる ナリ活用・形容動詞「あばらなり」連体形
40.傾く カ行四段活用・動詞「傾く」連体形
41.伏せ サ行四段活用・動詞「伏す」已然形
42.り 存続・助動詞「り」連用形
43.思ひ出て ダ行下二段活用・動詞「思ひ出づ」連用形
44.詠め マ行四段活用・動詞「詠む」已然形
45.る 完了・助動詞「り」連体形
46.あら ラ行変格活用・動詞「あり」未然形
47.ぬ 打消・助動詞「ず」連体形
48.なら 断定・助動詞「なり」未然形
49.ぬ 打消・助動詞「ず」連体形
50.に 断定・助動詞「なり」連用形
51.詠み マ行四段活用・動詞「詠む」連用形
52.明くる カ行下二段活用・動詞「明く」連体形
53.帰り ラ行四段活用・動詞「帰る」連用形
54.に 完了・助動詞「ぬ」連用形
55.けり 過去・助動詞「けり」終止形

『伊勢物語』「月やあらぬ」の現代語訳!

昔、東の五条に、皇后様が住んでいらっしゃった、西側の屋敷に住んでいる人(女)がいました。
(昔、東の五条に、大后の宮おはしましける、西の対に住む人ありけり。)

それを、本意ではなく、(次第に)愛情を深めていった男が、訪れていましたが、
(それを、本意にはあらで、心ざし深かりける人、行き訪ひけるを、)

一月の十日ぐらいの頃に、他の場所へ身を隠してしまった。
(正月の十日ばかりのほどに、ほかに隠れにけり。)

居所は聞いていたけれど、人が行き通うことができそうな所でもなかったので、
(ありどころは聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、)

やはりつらいと思いながら過ごしていた。
(なほ憂しと思ひつつなむありける。)

翌年の正月に、梅の花盛りの頃に、(男は)去年のことを恋しく思って(五条の屋敷へ)行って、
(またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて行きて、)

立って見て、座って見て、見るけれど、去年とは似るはずもありません。
(立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。)

ふっと涙をこぼして、荒れている板敷に、月が傾くまで横になって、去年のことを思い出して歌を詠んだ。
(うち泣きて、あばらなる板敷に、月の傾くまで臥せりて、去年を思ひ出でて詠める。)

月は昔のままの月ではないのか。春は昔のままの春ではないのか。わが身だけはもとの身のままなのに。
(月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして)

と詠んで、夜がほのぼのと明ける頃に、泣きながら帰ったのだった。
(と詠み、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。)

 

以上、「月やあらぬ」の用言と助動詞の品詞・活用形&現代語訳まとめでした!

© 2021 はなまる