枕草子

『宮に初めて参りたるころ』「下りまほしうなりにたらむ」 の現代語訳と品詞分解!

『宮に初めて参りたるころ』「下りまほしうなりにたらむ」 の意味!

『宮に初めて参りたるころ』「下りまほしうなりにたらむ」の意味が分からない

「下りまほしうなりにたらむ」とは、

「(初めての宮仕えで)退出したくなったのでしょう」

という意味です。

次にどうしてこういう意味になるか詳しく見ていきましょう。

『宮に初めて参りたるころ』「下りまほしうなりにたらむ」 の品詞分解!

文章を品詞ごとに分けると、次のようになります。

下り/まほしう/なり/に/たら/む

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

用語 品詞と活用形
下り ラ行上二段活用・動詞「おる」未然形 貴人の元から「退出する」
まほし 願望・助動詞「まほし」連用形「まほしく」のウ音便 自分以外の人の希望「〜たがっている」
なり ラ行四段活用・動詞「なる」連用形
完了・助動詞「ぬ」連用形 「〜してしまった」
たら 存続・助動詞「たり」未然形「〜ている」
推量・助動詞「む」終止形「〜だろう」

下り/まほしう/なり/に/たら/む
(退出/したがっている/なってしまって(なる+た)/いる/だろう)

となり、

「(初めての宮仕えで)退出したくなったのでしょう」という意味になります。

以上、『宮に初めて参りたるころ』「下りまほしうなりにたらむ」 の現代語訳と品詞分解でした!

ちなみに『宮に初めて参りたるころ』の全文現代語訳&品詞分解はこちらのページから見れます。

『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

この記事では『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」の用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳をまとめています。宿題で出たけど分からないという人は参考にしてみてください。

続きを見る

© 2021 はなまる