枕草子

『枕草子』「すさまじきもの」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

『枕草子』「すさまじきもの」の品詞分解と現代語訳を知りたい!

『枕草子』「すさまじきもの」の品詞分解と現代語訳が分からない

ここでは、そんな人の悩みを解決します!

『枕草子』「すさまじきもの」の用言と助動詞の品詞と活用形!

『すさまじきもの』の用言と助動詞は、以下の赤字部分です。

【本文】

すさまじき1もの。昼ほゆる2犬、春の網代。三、四月の紅梅の衣。牛死に3/たる4牛飼ひ。児亡くなり5/たる6産屋。火こさ7/8炭櫃・地下炉。博士のうち続き9女子産ま10/11/たる12。方違へに行き13/たる14に、あるじ15/16所。まいて、節分などは、いとすさまじ17。人の国よりおこせ18/たる19文の、物なき20。京のをもさこそ思ふ21/らめ22。されどそれは、ゆかしき23ことどもをも、書き集め24、世にあることなどをも聞け25ば、いとよし26。人のもとにわざと清げに27/書き28やり29/つる30文の返事、いまは持て来31/32/らむ33かし、あやしう34/遅き35、と待つ36ほどに、ありつる37文、立文をも結び38/たる39をも、いときたなげに40/とりなし41ふくだめ42て、上に引き43/たり44/つる45墨など消へ46て、「おはしまさ47/ざり48/けり49。」もしは、「御物忌みとて50/取り入れ51/52。」と言ひ5354帰り55/たる56、いとわびしく57すさまじ58

以下の表に、用言と助動詞の品詞と活用形をまとめています。

用言と助動詞 品詞と活用形
1.すさまじき シク活用・形容詞「すさまじ」連体形
2.ほゆる ヤ行下二段活用・動詞「吠ゆ」連体形
3.死に ナ行変格活用・動詞「死ぬ」連用形
4.たる 完了・助動詞「たり」連体形
5.亡くなり ラ行四段活用・動詞「亡くなる」連用形
6.たる 完了・助動詞「たり」連体形
7.おこさ サ行四段活用・動詞「おこす」未然形
8.ぬ 打消・助動詞「ず」連体形
9.うち続き カ行四段活用・動詞「うち続く」連用形
10.産ま マ行四段活用・動詞「産む」未然形
11.せ 使役・助動詞「す」連用形
12.たる 完了・助動詞「たり」連体形
13.行き カ行四段活用・動詞「行く」連用形
14.たる 完了・助動詞「たり」連体形
15.あるじせ サ行変格活用・動詞「あるじす」の未然形
16.ぬ 打消・助動詞「ず」連体形
17.すさまじ シク活用・形容詞「すさまじ」終止形
18.おこせ サ行下二段活用・動詞「遣す(おこす)」連用形
19.たる 完了・助動詞「たり」連体形
20.なき 形容詞・ク活用「なし」連体形
21.思ふ ハ行四段活用・動詞「思ふ」終止形
22.らめ 現在推量・助動詞「らむ」已然形
23.ゆかしき シク活用・形容詞「ゆかし」連体形
24.書き集め マ行下二段活用・動詞「書き集む」連用形
25.ある ラ行変格活用・動詞「あり」連体形
26.聞け カ行四段活用・動詞「聞く」已然形
27.よし 形容詞・ク活用「よし」終止形
28.清げに ナリ活用・形容動詞「清げなり」連用形
29.書き カ行四段活用・動詞「書く」連用形
30.やり ラ行四段活用・動詞「やる」連用形
31.つる 完了・助動詞「つ」連体形
32.持て来 カ行変格活用・動詞「持て来」連用形
33.ぬ 強意・助動詞「ぬ」終止形
34.らむ 現在推量・助動詞「らむ」終止形
35.あやしう シク活用・形容詞「あやし」連用形「あやしく」のウ音便
36.遅き 形容詞・ク活用「遅し」連体形
37.待つ タ行四段活用・動詞「待つ」連体形
38.ありつる 連体詞 あり(ラ行変格活用・動詞「あり」連用形)+つる(完了・助動詞「つ」連体形)
39.結び バ行四段活用・動詞「結ぶ」連用形
40.たる 存続・助動詞「たり」連体形
41.きたなげに ナリ活用・形容動詞「きたげなり」連用形
42.とりなし サ行四段活用・動詞「とりなす」連用形
43.ふくだめ マ行下二段活用・動詞「ふくだむ」連用形
44.引き カ行四段活用・動詞「引く」連用形
45.たり 存続・助動詞「たり」連用形
46.つる 完了・助動詞「つ」連体形
47.消え ヤ行下二段活用・動詞「消ゆ」連用形
48.おはしまさ サ行四段活用・動詞「おはします」未然形
49.ざり 打消・助動詞「ず」連用形
50.けり 過去・助動詞「けり」終止形
51.取り入れ ラ行下二段活用・動詞「取り入る」未然形
52.ず 打消・助動詞「ず」終止形
53.言ひ ハ行四段活用・動詞「言ふ」連用形
54.持 タ行四段活用・動詞「持」連用形
55.帰り ラ行四段活用・動詞「帰る」連用形
56.たる 完了・助動詞「たり」連体形
57.わびしく シク活用・形容詞「わびし」連用形
58.すさまじ シク活用・形容詞「すさまじ」終止形

『枕草子』「すさまじきもの」の現代語訳!

面白くないもの、昼に吠える犬。春の網代。三月、四月の紅梅色の着物。
(すさまじきもの、昼ほゆる犬。春の網代。三、四月の紅梅の衣。)

牛が死んだ牛飼い。赤子が亡くなった産屋。火をおこしていない炭櫃・囲炉裏。
(牛死にたる牛飼ひ。児亡くなりたる産屋。火起こさぬ炭櫃・地下炉。)

博士が続けて女の子を産ませたこと。方違えに行ったのに、客人をもてなさない所。
(博士のうち続き女子産ませたる。方違へに行きたるに、あるじせぬ所。)

まして、節分の次期などは、大変興ざめです。
(まいて、節分などは、いとすさまじ。)

地方から送ってきた手紙で、贈り物を添えていないもの。
(人の国よりおこせたる文の、物なき。)

京からの手紙の場合も(地方の人は)そう思うだろう。
(京のをもさこそ思ふらめ。)

しかしそれ(京からの手紙の場合)は、知りたそうなことなどを、書き集めて、世の中の出来事なども知ることができるので、贈り物がなくてもすばらしいものだ。
(されどそれは、ゆかしきことどもをも、書き集め、世にあることなどをも聞けば、いとよし。)

人のもとに特別にきちんと書いて送った手紙の返事を、もうすぐ持ってくるだろうよ、妙に遅いことだ、と待つうちに、
(人のもとにわざと清げに書きてやりつる文の返事、いまは持て来ぬらむかし、あやしう遅き、と待つほどに、)

さっきの手紙を、それが正式な立て文にしろ略式な結び文にしろ、とても汚らしく扱い、
(ありつる文、立文をも結びたるをも、いときたなげにとりなし、)

けばだたせ、上に引いていた墨なども消えて、
(ふくだめて、上に引きたりつる墨など消へて、)

「いらっしゃいませんでした。」もしくは、「御物忌みだと言って受け取りませんでした。」
(「おはしまさざりけり。」もしは、「御物忌みとて取り入れず。」)

と言って持ち帰ったのは、とてもつまらなく、興ざめです。
(と言ひて持て帰りたる、いとわびしく、すさまじ。)

以上、『枕草子』「すさまじきもの」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめでした!

© 2021 はなまる