枕草子

『雪のいと高う降りたるを』「さべきなめり」品詞分解&現代語訳まとめ!

『雪のいと高う降りたるを』「さべきなめり」の現代語訳!

「さべきなめり」の意味が分からない

「さべきなめり」とは、

「ふさわしい人であるようだ」

という意味です。

次に、どうしてこういう現代語訳になるのか、単語ごとに詳しく見ていきましょう。

「さべきなめり」の品詞分解!

「さべきなめり」の文章を品詞ごとに分けると、次のようになります。

さ/べき/な/めり

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

用言 品詞と活用形
ラ行変格活用・動詞「さり」連体形 「さる」撥音便無表記
べき 適当・助動詞「べし」連体形 「べし」の後に「人」が入るが省略されている
断定・助動詞「なり」連体形 「なる」の撥音便無表記
めり 推定・助動詞「めり」終止形

「推定」と「婉曲」の見分け方

助動詞の「めり」は推定と婉曲どちらも「〜のようだ」という文法的意味になりますが、「推定」「婉曲」の見分け方があります。

  • 「推定」

見た情報に根拠がある(視覚的根拠)から予想する言葉。

  • 「婉曲」

特に視覚的根拠がないが予想される言葉。

この話中の「めり」には視覚的根拠があるので「推定」の助動詞です。

なので、

さ/べき/な/めり
(しかるべき人(さ+べき)/な/ようだ)

となり、「ふさわしい人であるようだ」という意味になります。

以上、「さべきなめり」の意味と品詞分解でした!

ちなみに『雪のいと高う降りたるを』の全文現代語訳&品詞分解はこちらのページから見れます。

『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

この記事では『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」の用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳をまとめています。宿題で出たけど分からないという人は参考にしてみてください。

続きを見る

© 2021 はなまる